富山市高屋敷に計画されたH様邸の敷地は、北側に道路のある120坪の大きな敷地。前面道路は決して広くはありませんが、昔から住宅地としてある閑静な場所にあります。この敷地に対して考えたのが、北側に対して極力開口部を設けず、逆に南に対して、思い切ったぐらいの開口を設ける案です。

 

必然的に、敷地の間口いっぱいに建物を配置し、平家ということもあり、ワイド&ローの安定感のあるファサードデザインとなりました。また、それを印象づけるのがシャープでいてリズミカルなガルバリウム鋼板の外壁材。横方向を強調した鎧張りなので、さらに水平方向に対して広がる使い方としました。

 

内部は屋根の形状そのままに、南に向かって天井が高く(最高の高さで4.5m)なっているリビング・ダイニング。平家だからこその大きなボリュームのある空間です。キッチンはカウンター形式のシンプルなつくりで、バック&サイドにパントリーなどを設け、機能性も高めました。

 

リビングからも玄関ホールからの2Wayアクセスができる和室。洋室は2部屋の子供部屋と主寝室。主寝室に隣接して設けられたのが、ファミリークローゼット。機能導線として、洗面脱衣室→ランドリー室→ファミリークローゼット→主寝室と、とても便利でコンパクトな導線です。

●実用的でシンプルな平屋

●平屋の人気の秘密は 「移動の楽さ」

●外観クローズド× 内観オープン

●高い位置を通る夏場の日差しを遮る 「深い軒」

●最高約4.5m 開放感いっぱい 「勾配天井」

●カーポートの奥には外部収納。

●洗う→干す→しまう 回遊できる家事ラク動線。

●大容量の収納“いつもスッキリ”1.5倍のゆとり。


建築概要

富山県富山市/家族構成: 夫婦+お子様/構造: 木造在来工法/敷地面積: 397.83㎡ (120.34坪)/建築面積: 126.78㎡ (38.35坪)/延床面積: 135.14㎡ (40.40坪)/竣工: 令和元年8月/設計:株式会社アイシーエー・アソシエィツ一級建築士事務所/施工:TETTO CASA 富山(株式会社 藤井建設工業)