小牧市の南部に位置する「小木の家」。旧住宅地にあるこの家は周辺に民家が立ち並び、決して 大きいとは言えない土地と、隣地の住宅群から醸し出される圧迫感。最初に敷地を見に行った時に感じました。その印象をより強くしているのが、前面道路の復員が4mを切るぐらいの狭さからも感じました。

 

設計からのアプローチとしては、南側に建つ住宅との距離をなるべく離して採光の確保と、車2台を停める寸法の確保(敷地セットバックもあり)と民法上の境界と外壁の離れの確保、そうすると、おのずと東西南北の外壁ラインが決まり、そのボリュームでリクエストされたゾーニングが出来るか否かでした。

 

可能な限りの大きなLDK、外部用の収納、パントリー、リネン収納のできる洗面脱衣室、個室は3部屋、大きなウォークインクローゼット、そして家族だけのファミリールーム。用途では無く、部屋数で表現するなら5LDK+収納というボリュームとなります。それを約32坪弱に纏める訳ですのでかなりタイトな面積配分となります。

そして次の課題は全体予算です。コストを抑えた経済設計を上手くしないと、過去実績の単価を乗じたシミレーションでは予算オーバー。

 

そこで弊社がオフィシャル設計事務所として加盟しているTETTO CASAの仕様に基づき、設計内容を整理整頓しました。

 

TETTO CASAとして加盟したばかりの名古屋エリアを担当する施工会社としても、わかりやすい方法で家づくりを構築している、まさに弊社の設計とタイミングが一致したこの家では、TETTO CASA NAGOYAとして初のデビュー作として取り組みました。

わかりやすい表現をするなら、「坪単価55万円の定額制の家」「適正価格の家」といったキャッチコピーとなるでしょうか。その言葉が全てを表しています。

デッドスペースや妙な遊び的な無駄な部分を極力なくし、形をキレイに整える(構造的、材料的に)その考え方を少し意識するだけで、予算的にも間取り的にもクリアーしました。

 

TETTO CASA(イタリア語で屋根を意味する)のコンセプト通りの軒の深い、味わいのある美しいフォルムと、ややダークで落ち着いた印象のインテリア。この家のコストを聞かない限り、全体から発するオーラは「建築設計事務所が手掛けた注文住宅」そのものです。

サーフィン好きなアウトドア人間のご主人と、いつも眼がキラキラ輝いている優しい奥様、そして愛くるしい表情の元気な男の子、ご家族がこの家で健やかに暮らして欲しいと、切に願うばかりです。

 

今回、大変お世話になりありがとうございました。そして、これからも長くお付き合いを頂きますことを切にお願いいたします。

※今回の完成写真は、セルフビルドの外構工事前の状態で、それらが完工したタイミングで撮影し直します。

(上記のテキストは株式会社アイシーエー・アソシエィツ一級建築士事務所オフィシャルサイトより)


建築概要

愛知県小牧市/家族構成: 夫婦+お子様/構造: 木造在来工法/敷地面積: 147.53㎡ (44.63坪)/建築面積: 54.65㎡ (16.53坪)/延床面積: 105.17㎡ (31.81坪)/竣工: 令和元年11月/設計:株式会社アイシーエー・アソシエィツ一級建築士事務所/施工:TETTO CASA 名古屋(八原建設株式会社)